検索

F-LECCS Twitter- Follow us!


Fレックス

人のネットワークから学びの創造へ

福井県内の5つの大学と高専が連携して他大学・高専の学習資源に容易にアクセスできる環境をつくるプロジェクトがFレックスです。

キーワードは学習コミュニティ。つまり人のネットワークをつなげていくことを通して、多様な学びの空間を創造しようというものです。そのために、教員の教授能力を高めるためのFDチーム、教員・学生の間で多様な学びの空間を模索する学習チーム、地域住民の参加も得ながら学習スペースを創造する地域チーム、学生による学生のための企画と活動を行う学生チーム、Fレックスで利用するICTシステムの設計・実装・運用を行う基盤チーム、の5つのチームが活動をしています。

Fレックスの環境には参加組織の構成員は自由にアクセスできます。また、地域住民の方も申請により利用できます。Fレックスが創る学びの空間は,参加することにより初めてその果実が享受できます。あなたも是非参加してみてください。



新着情報

 RSS
表示すべき新着情報はありません。

トピックス

2010/05/12

第4回シンポジウム「情報基礎教育を考える」

固定リンク | by:澤崎敏文 (コミュニティ推進員)
下記の日程で情報基礎教育に関するシンポジウムを開催します。ご興味がある方は是非ご参加ください。なお、参加される場合は、申し込みをお願いします。

テーマ:情報基礎教育を考える
日時:2010年6月12日(土)14時~17時30分
場所:福井県教育センター 大ホール

〒910-8544 福井市大手2-22-28 (桜通りNHK斜め前)
チラシ:Fレックス第4回シンポジウムチラシ.pdf

◎開催趣旨

情報通信技術(ICT)の目覚ましい進歩により、私たちの生活の仕方や仕組みが大きく変わってきています。このような高度情報化社会を日々快適に過ごし、知的活動をさらに活発にするためには「情報」の本質やその処理の原理等を学ぶ必要があります。2003 年から高等学校に必修科目として教科「情報」が登場しました。これを「情報基礎教育」と呼ぶことにします。本シンポジウムでは、この情報基礎教育に関わる高校、高専、大学、企業の方のお話を通して今後の情報基礎教育とその先の情報教育のあり方について考えます。どなたでも参加できますが、とくに高校で教科「情報」を担当されている教員、大学等で情報教育を担当されている教員、そのほか「情報社会に必要な素養」に関心のある方のご参加をお待ちしてます。

14:37 | 連絡事項