検索

F-LECCS Twitter- Follow us!


Fレックス

人のネットワークから学びの創造へ

福井県内の5つの大学と高専が連携して他大学・高専の学習資源に容易にアクセスできる環境をつくるプロジェクトがFレックスです。

キーワードは学習コミュニティ。つまり人のネットワークをつなげていくことを通して、多様な学びの空間を創造しようというものです。そのために、教員の教授能力を高めるためのFDチーム、教員・学生の間で多様な学びの空間を模索する学習チーム、地域住民の参加も得ながら学習スペースを創造する地域チーム、学生による学生のための企画と活動を行う学生チーム、Fレックスで利用するICTシステムの設計・実装・運用を行う基盤チーム、の5つのチームが活動をしています。

Fレックスの環境には参加組織の構成員は自由にアクセスできます。また、地域住民の方も申請により利用できます。Fレックスが創る学びの空間は,参加することにより初めてその果実が享受できます。あなたも是非参加してみてください。



新着情報

 RSS
表示すべき新着情報はありません。

トピックス

2010/02/02

ELI2010にてFレックスの発表を行いました

固定リンク | by:澤崎敏文 (コミュニティ推進員)

Fレックス(福井県大学間連携取組)では、今回、その活動内容を広く国内・海外に知っていただくため、また、海外の高等教育機関との連携・交流を深めることにより、福井県の高等教育の総合的なレベルアップを図るため、EDUCAUSE主催によるEducause Learning Initiative2010にて発表を行いましたので、その様子を皆様にご紹介します。

■発表タイトル
F-LECCS: A Virtual University Environment for Learning Communities
http://eli2010.pathable.com/meetings/3104

■日時および場所
・平成22年1月20日午前10時~(現地時間、テキサス州)
・アメリカ合衆国テキサス州オースティン市、ELI2010会場(オースティンヒルトンホテル)

■発表・参加者
・藤原正敏(仁愛女子短期大学 Fレックス副会長)
・篭谷隆弘(仁愛大学)
・徳野淳子(福井県立大学)
・入澤 学(敦賀短期大学)
・澤崎敏文(Fレックス・コミュニティ推進員)

■新聞等での報道
日刊県民福井「Fレックス」海外発信 米の会合で20日発表」(1月16日朝刊)


■当日の様子


2010年1月19日からスタートしたELI2010。ELIのディレクターであるマルコム氏とも対談することができ、発表の場をいただけたお礼および、福井での連携取組の説明をすることができました(右の写真)。

■発表当日



発表当日は、会場の一番目立つ場所をいただけたので、予想以上の方々に来ていただけました。



今回のELI2010のテーマが「Learning Environment」ということで、我々Fレックスの実践している内容と非常に親和性が高いため、大勢の方々に高い関心を持っていただけました。



会場では、Twitterによるリアルタイムでの情報交換も行われており、ハッシュによりELI2010のツイートが会場に設置された特設スクリーンに表 示されます。我々FレックスのセッションのPRもこのTwitterに表示して、リアルタイムにお知らせをすることができます。


Fレックスとして参加し、我々の連携取組を広く知っていただいただけでなく、数多くの大学・教育機関と情報交換を行い、また、アドバイスもいただけました。今後の活動にフィードバックしていきたいと思います。


00:20