検索

F-LECCS Twitter- Follow us!


Fレックス

人のネットワークから学びの創造へ

福井県内の5つの大学と高専が連携して他大学・高専の学習資源に容易にアクセスできる環境をつくるプロジェクトがFレックスです。

キーワードは学習コミュニティ。つまり人のネットワークをつなげていくことを通して、多様な学びの空間を創造しようというものです。そのために、教員の教授能力を高めるためのFDチーム、教員・学生の間で多様な学びの空間を模索する学習チーム、地域住民の参加も得ながら学習スペースを創造する地域チーム、学生による学生のための企画と活動を行う学生チーム、Fレックスで利用するICTシステムの設計・実装・運用を行う基盤チーム、の5つのチームが活動をしています。

Fレックスの環境には参加組織の構成員は自由にアクセスできます。また、地域住民の方も申請により利用できます。Fレックスが創る学びの空間は,参加することにより初めてその果実が享受できます。あなたも是非参加してみてください。



新着情報

 RSS
表示すべき新着情報はありません。

トピックス

2008/12/19

第1回シンポジウム「大学連携で取組むソーシャルラーニングの可能性」

固定リンク | by:澤崎敏文 (コミュニティ推進員)
第1回シンポジウムの様子下記の日程で第1回シンポジウムが開催されました。

タイトル:大学連携で取組むソーシャルラーニングの可能性
日時:2008年12月19日(金)午後1時00分~6時00分
場所:福井まちなか文化施設 響のホール
チラシダウンロード:

主催者挨拶 祖田 修(福井県立大学学長)
趣旨説明 山川 修(Fレックス会長)

第1部 講演
(司会進行 菊澤 正裕)
13:20 「学びのパラダイムシフト:学習コミュニティという概念」
 大島 純(静岡大学 情報学部)
Fレックス・シンポジウム


14:10 「大学生を対象にしたキャンパスSNS( さとあい) の展開を通して」 
金西計英(徳島大学 高度情報化基盤センター)
Fレックス・シンポジウム

15:00 休憩
15:15 「SNS連携による情報プラットホームの創造−
          つながりを可視化してまちを元気にする地域情報化」
和崎 宏(インフォミーム(株)代表取締役)
Fレックス・シンポジウム

16:05 「学習コミュニティを核にした大学連携の取組み」
山川 修(福井県立大学 学術教養センター)
Fレックス・シンポジウム

16:55 休憩

第2部 パネルディスカッション
17:10 パネルディスカッション
(パネル司会進行 澤崎 敏文)
Fレックス・シンポジウムFレックス・シンポジウム

Fレックス・シンポジウムFレックス・シンポジウム


18:00 終了



23:19 | 報告事項